仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記

仮想通貨関連のブログです Ripple, Ethereum 仮想通貨2.0に注目しています

bitcoin API (JSON-RPC) を 使って raw transaction で送金する (signrawtransaction)

Bitcoin の version0.7 から生のトランザクションにサインをして送金することができるようになったようです。 詳しい仕様については https://en.bitcoin.it/wiki/Raw_Transactions こちらにあります。 とある Bitcoin の仕組みに詳しい方から以下のようなアドバイスを頂いてます。

先ずはcreaterawtransactionで払う取引のIDと自分宛のvoutの索引を入れて、そのあとはアドレス:金額を入れておくとrawtransactionが生成されて。
それをsignrawtransactionに入れて、 [秘密鍵]を後からつける。
で署名済みのrawtransactionが出来上がったら、sendrawtransactionで送信 気を突けるところはお釣りかな createrawtransactionだと、使用する入力と出力の計算を自分で行わないと。
だから10 Monaの入力を5 Mona 誰かに送って手数料を 0.01 Monaにしたい時はちゃんと [送金先アドレス:500000000, お釣りアドレス:499000000]の出力を入れないと 手数料は入力と出力の差額だから

これを参考にとにかく signrawtransaction を用いてモナーコインの送金をしてみます。