仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記

仮想通貨関連のブログです Ripple, Ethereum 仮想通貨2.0に注目しています

現実世界で仮想通貨決済を用いた対面取引を行う場合の要件について

例えば

【何も】次回、即売会【未定】 - Ask Mona

こちらのスレで開催が予告されている即売会で実際にmonacoinを決済手段として使って物販をする場合、その際に使われるアプリではどのような要件があるか考えてみました。

 

1. 即時に決済が完了する

ブロックチェーンのconfirmationは少なくとも1分はかかってしまいます。1分もモノを売る際に待ちが発生するとか不便すぎます。ただただ売り手と買い手の間に気まずい時間が流れるだけです。

 

2. 対面にいる買い手からの決済であることがわかる

売りての残高が決済時に増加したら対面にいる買い手の支払いである可能性がとても高いのですが、たまたまどこかの誰かが寄付をしただけで、実は対面にいる買いてはまだ支払ってないのかもしれません。確実に買い手が支払ったとわかる必要があります。

 

3. 決済に簡単にメモが残せる

これはもう標準で monacoind がもっていますね。決済履歴を見ればどんな決済なのかわからないと後で困る事もあるかと思います。

 

4. QRコードを読み取ったらアドレスと金額とメモが自動入力される

買うときにアドレスはもちろんですが、金額を一々入力するとか面倒すぎます。さらに3の要件を満たすためにメモも自動入力されると楽ですね。

 

monacoin オンライウォレットの BitCapitalZ ではこれらの要件をみたすスマホアプリを開発予定です。monacoin での対面販売に力を入れたいと思います。