仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記

仮想通貨関連のブログです Ripple, Ethereum 仮想通貨2.0に注目しています

仮想通貨の認証方式 POW POS について思うこと

DPOSという認証方式を最近目にしたのですが、
Cryptocurrency - Delegated Proof of Stake とは何か? - Qiita
こちらによくまとまっています。

現在僕の考えではやはり仮想通貨は POS の方が世の中に馴染むのかなと思っています。
その理由を説明する前に POW や POS を初めて聞いたという方に、それらが何かを説明します。


POS や POW はウォレット間での仮想通貨の決済が行われた際に本当にその決済が正しいものかどうかを判定する仕組みのことです。この判定に協力することで報酬として仮想通貨が貰えます。協力することをマイニング(発掘)と呼んでいます。POS や POW ではその判定方式が異なっています。


POW は bitcoin, litecoin, monacoin に使われている認証方式です。判定に協力するにはコンピュータの計算能力を仮想通貨ネットワークに貸してあげます。コンピュータの計算能力を用いた多数決で判定する感じです。なので報酬もコンピュータの性能が高いほど多く貰えます。


POS はnxtcoin, ringo に使われている認証方式です。判定に協力するには既にその仮想通貨を持っていることが必要です。既に持っている仮想通貨を用いた多数決で判定する感じです。なので報酬もその仮想通貨をたくさん持っていればより多く貰えます。

ちなみに kumacoin は POW と POS のハイブリッドです。



それでは以下になぜ POW より POS の方が馴染みやすいか以下に述べます。

POW は認証するためだけにコンピュータの計算能力を使います。これは無駄です。
中国の郊外でも行われている大規模Bitcoinマイニングの現状とは? - GIGAZINE
中国ではこんな感じでマイニングを行っているようです。実に無駄ですね。POS ではこのような無駄が無くせます。
一方でPOSにはたくさん仮想通貨を持っている人にいいように決済履歴を改ざんされるリスクがあります。でもそんな事があかるみになったらその仮想通貨の信用は失墜してたくさん持っている人の仮想通貨もゴミになってしまうので、そうなる可能性は非常に低いです。しかもPOSであればマイニングした人がガッツリ売って価値が暴落するような事が起きにくいです。
ASIC とかも無駄じゃないかなと。

後はPoWは認証に時間がかかる(つまり決済に時間がかかる)というのもありますが、これは技術的になんとかなるのかもしれないのでPoWの欠点には将来的に成り得ないのかもしれません。

仮想通貨は通貨の発行と管理を非集権化することが重要という人たちがいますが、僕は完全に非集権化することはどうでもよいと思っています。仮想通貨の本質は発行と管理の非集権化ではなく価値を極めて低コストで送受できることにあると思っています。
したがって完全に非集権になっていなくても POS の方がよいと思います。



もし monacoin が POW ではなく POS を採用していたらどうなっていただろうかと最近考えることがあります。。。


反論等ご意見下さるととてもありがたいです!