読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記

仮想通貨関連のブログです Ripple, Ethereum 仮想通貨2.0に注目しています

改正金商法とRippleでクラウドファンディングの未来が変わるかも!?


動き出す「投資型クラウドファンディング」 | FUTURUS | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

こちらの記事にありますように、来年から施行される改正金商法により、「株式(エクイティ)型」クラウドファンディングが事実上の解禁となるようです。
これはつまり条件はあるものの、未上場企業でも自社株を公の場で不特定多数の人達が買えるようになったり、ファンド組成して買ってもらうことができるようになるということです。

Ripple はあらゆる通貨や証券を仮想化してそれらを取引するための取引所(株式取引でお馴染みの売り板と買い板)機能を提供します。
従って、それらクラウドファンディングで公募する証券を Ripple 上で販売すればすぐに取引所を形成することができます。証券を買った人は、その証券を手放したくなったらすぐにその取引所で売ることができるのでとてもお手軽です。

株式等の証券は好きな時に売れるかどうかという流動性がとても大事なので、まさに Ripple はこの改正金商法後のクラウドファンディングにうってつけなのではないかと思われます。