仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記

仮想通貨関連のブログです Ripple, Ethereum 仮想通貨2.0に注目しています

【仮想通貨1.0】今後の仮想通貨の流れについての考察1【仮想通貨2.0】

今後の仮想通貨の流れについて考える上で、まず仮想通貨1.0と2.0で分けて考える必要があると思います。割と仮想通貨1.0と2.0の定義は人によって違ったりするので、以下のように単純に定義したいと思います

仮想通貨1.0とは Bitcoin に代表される価値を保持して主に決済に使われる事を目的とした仮想通貨を指すこととします。

仮想通貨2.0とは counterpaty, colored coin, ethereum, codius のように価値を保持して決済以外にも使われることを目的とした仮想通貨とその仮想通貨が流通するプラットフォームを指すこととします。

まずは仮想通貨1.0について考えてみます。最近 Bitcoin を決済手段として提供するサービスを運営する事業者が増えてきていますが、やはりまだまだ僕たちの生活に仮想通貨が普及するのはだいぶ先だと思われます。
仮想通貨を決済手段として実際に取り入れている店舗等が現時点では全然少ないですし、店舗側からみても法定通貨に対して価値が変動する仮想通貨を取り入れるメリットがあまりありません。手軽に決済を行いたいというのであればクレジットカードやSuica等の電子マネーの方が明らかに仮想通貨より現時点では便利です。

Bitcoin や PoW を用いた仮想通貨について考えてみると上記のような決済手段として現時点では不適というのに加えて
仮想通貨の認証方式 POW POS について思うこと - 仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記
で述べたような問題があります。

一方で Ripple や Stellar は決済手段としてみると瞬時に決済可能だしJPY等の法定通貨のIOUで決済すれば法定通貨と同等の価値で決済する事も可能です。もちろんゲートウェイの信用リスクがありますが、今後上場企業や守るべき資産がある企業がゲートウェイを運営すればそのリスクはほとんど無いでしょう。

さらに Ripple や Stellar は単純に決済のための通貨なのではなくあらゆるトークン化した価値を交換するための場を提供するためのプラットフォームです。例えば証券等の売買もこのプラットフォーム上で売買できたりと非常に汎用性が高いです

これらの事から僕は仮想通貨1.0においては Bitcoin はメインストリームの地位を Ripple もしくは Stellar に明け渡すと考えます(Ripple や Stellar は仮想通貨1.0を超えてますが...)。

ただ、本当にそうなるのかどうかは誰にわからないので、僕のポジショントーク程度にお考え頂ければと思います

Ethereum, Ripple, Stellartのポータルを運営しております。
Pobits | Ripple Monacoin Ethereum仮想通貨ポータル
よろしくお願いします。