読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記

仮想通貨関連のブログです Ripple, Ethereum 仮想通貨2.0に注目しています

【リップル】Ripple APIs を使ってみる1 Ripple-REST API の使い方【Ripple】

【リップル】Ripple APIs について調べてみる2 Ripple-REST API とはなにか【Ripple】 - 仮想通貨サービス BitCapitalZ の日記 にて Ripple-REST API がどのようなものか概要をまとめました。今回の記事では実際に Ripple-REST API を使ってみようと思います。

と言っても、Ripple-REST API Reference で定義されるエンドポイントに http リクエストを送るだけです。まずは curl を使って指定のアドレスの残高を取得してみたいと思います。使う Ripple-REST API

    Get Account Balances – GET /v1/accounts/{:address}/balances

になります。 curl を使って実際に http リクエストを送ってみます。GET なので非常に簡単にです。

$ curl  https://api.ripple.com/v1/accounts/r4fC9nMgzfRZPvMgq1CcQvejv65kPRpgr8/balances
{
  "success": true,
  "balances": [
    {
      "value": "31.087964",
      "currency": "XRP",
      "counterparty": ""
    },
    {
      "value": "0",
      "currency": "ETH",
      "counterparty": "rfDBg2CNqJApuzqJVPmBB2xrpvCJThPQ9P"
    },
    {
      "value": "0",
      "currency": "MON",
      "counterparty": "r9D5NS8yWnVsAJ3r2LSY3Te8VP31u3gwTq"
    }
  ]
}

このように残高が取得できました。

次は送金をしてみます。

    Submit Payment – POST /v1/accounts/{:source_address}/payments

になります。 curl を使って実際に http リクエストを送ってみます。こんどは POST です。送金するためにはシークレットキーをパラメータとして送る必要があります。シークレットキーは Ripple Trader の右上の歯車をクリックし [Settings] の中の [セキュリティ]の中にシークレット・キーという項目にあります。

ここまで来て、送金で渡すパラメータの用意が非常にめんどい事に気付きました。curl でやるのはあまりにも不合理ということで Ripple-REST API 用の ruby ライブラリhttps://github.com/orzfly/ruby-ripple-rest を用いて改めて送金をしてみようと思います。こちらruby-ripple-restを用いた送金方法を書きましたのでご覧下さい。

以下 Ripple-REST API Reference です。

Accounts
    Generate Wallet – GET /v1/wallet/new
    Get Account Balances – GET /v1/accounts/{:address}/balances
    Get Account Settings – GET /v1/accounts/{:address}/settings
    Update Account Settings – POST /v1/accounts/{:address}/settings
Payments
    Prepare Payment – GET /v1/accounts/{:source_address}/payments/paths/{:destination_address}/{:amount}
    Submit Payment – POST /v1/accounts/{:source_address}/payments
    Confirm Payment – GET /v1/accounts/{:address}/payments/{:id}
    Get Payment History – GET /v1/accounts/{:address}/payments
Trustlines
    Get Trustlines – GET /v1/accounts/{:address}/trustlines
    Grant Trustline – POST /v1/accounts/{:address}/trustlines
Notifications
    Check Notifications – GET /v1/accounts/{:address}/notifications/{:id}
Status
    Check Connection – GET /v1/server/connected
    Get Server Status – GET /v1/server
Utilities
    Retrieve Ripple Transaction – GET /v1/transactions/{:id}
    Retrieve Transaction Fee – GET /v1/transaction-fee
    Generate UUID – GET /v1/uuid

Ripple を始め次世代仮想通貨について議論するフォーラムを用意しています。是非こちらもご覧ください

Ripple Stellar Ethereum 等次世代仮想通貨掲示板 in BitCapitalZ

Ripple-REST API 用の ruby クライアントもありますね。

https://github.com/orzfly/ruby-ripple-rest